【草コイン】仮想通貨ICXについて。今後上がっていくのか??

2017年12月20日

eye-catch

こんにちは!

先日、XPに関する記事を書きましたが、どうやらあの後XPはブロガー達から総ネガキャンをくらったようで今は塵と化しちゃってますね。

その後、上がるであろう草コインを漁っていたところ、XVGが上がるのではないかと思い、買ったのですが、大高騰する前に売ってしまったので大して利益をあげる事が出来ず。。。

そこでこれから上がる草コインはないかと考えていたところ、ICXというものを見つけたので調べてみました。

 

ICXコインとは?

韓国ICOで誕生

ICXコインというのは、韓国のICOで誕生したICONという仮想通貨の略称のことをいいます。

順を追って説明していきましょう。

ICOというのは簡単に言うと、企業が新たな仮想通貨(トークン)を発行してそれを購入してもらうことによって資金調達をする仕組みのことをいいます。

つまり、A社が1000ETHのイーサリアムを得ようと思っているときに、ICXという仮想通貨(トークン)を発行して、0.001 ICX/ETHで100000ICX売る。というような仕組みを表しています。

クラウドファウンディンングにある種似ている仕組みといえますね。

 

ICONネットワーク

ICONは、様々なブロックチェーンコミュニティで繋がれている非中央集権型のネットワークです。

また、ICONは韓国国内で銀行、証券、病院、大学、ECなどのコミュニティと繋がりがあるため、決済や取引などが様々なコミュニティで使用することができます。

韓国のイーサリアムと呼ばれることもあるそうです。

icon

 

BINANCEで取り扱い開始

ICXコインは以前よりICXトークンとして存在していたのですが、12月18日に中国のBINANCEという取引所で上場したことにより一般にも広く出回るようになりました。

 

ICX

上場直後に一気に3.5倍ほどの伸びをした後に、段々と落ち着いていって今は0.0001100台で足を固めているようです。

僕は高掴みをしてしまったのでガチホモードでいくつもりです。

 

これから上がるのか?

これからICXは上がる可能性があるのでしょうか?

僕は上がるだろうと思っています。

本日OKexという中国の取引所で取り扱いが開始されました。

これから日本での知名度も上がり、徐々に広がっていくのではと考えています。

 

世界1位になったBINANCEで取引もされていますし、今後知名度が上がるに連れて価格が上昇していくのではないでしょうか。

合わせて読みたい

 

 

binance-affilir

上がることを祈ります!(笑)

 

 

追記:2017年12月21日

今現在、ICX/BTCが0.0001340と僕が買った時よりも上がってくれています。

先日12月19日、韓国政府は仮想通貨を規制しないと発表しました。規制しないということは取引量が増えていくのか、減っていくのか、これからどうなっていくか注視していこうと思います。

仮想通貨の規制をしないことで政府が韓国ウォンの価値が高いことを表明したいのだと思いますが、現実は韓国ウォンの価値は下がり続けているのでこれから仮想通貨に流れていくのではないかと見ています。

icx-1221

現在、結構上がってるようです。

 

 

追追記:2017年12月25日

12/25 ICXキャプチャ

BTC換算で0.0003389まで上がりました!

2017年12月18日に上場した当初は0.0000585だったので、約5.8倍です。

すごい上がり方ですね。でもこのコイン、まだまだ知名度が低いので、2018年にはどうなっているのか楽しみです。

今回の仮想通貨総暴落にも動じることなく伸び続けていたので、ずいぶんと太客に支えられているのですかね。

 

 

 

追追追記:2018年1月20日

前回上昇してからしばらくずっと低迷していたのですが、年が明けて再び爆上げしました。

ぼくは0.0001310BTCのときに購入していたので現在約6倍!アルトコイン恐ろしやw

 

さてさて、韓国の仮想通貨規制騒ぎやらで荒れに荒れた相場ですが、韓国初のコインにもかかわらず、このコインはそこまで荒れなかった模様。。。

現在、韓国政府は仮想通貨の取引所を廃止する方向へ向かおうとしているようにも見えるので、この先が少し心配ではありますが、注意深く見ていこうと思っています。せっかく韓国は仮想通貨界で世界をリードしていくチャンスなのにもったいないなあ。

韓国、全ての仮想通貨取引所の閉鎖を検討(1/19 C-NET JAPAN)

 

スポンサーリンク

仮想通貨

Posted by Kei