【恐怖の瞬間!】猿と目が合ってビビりにビビったわ!

2017年11月30日

monkey

僕は夏休みにインドに行っていました。

インドはとても刺激がつまっており、インドにいる毎日がとても有意義で楽しかったものです。

詳しくは関連記事をご覧ください。

バラナシという所に数日間いたのですが、
着いてまず最初に乗ったオートリクシャーの運転手にこう言われました。

猿の目は見るな

猿は、目が合うと喧嘩を売られていると思って襲ってくるらしく、絶対に目を合わせるなと運転手から言われたのです。

僕はこれを聞いて恐怖を感じましたが、まあ見なけりゃ大丈夫でしょと、あまり気にしないでいました。

確かに、猿が多くいる寺院とかもありましたが、人間が多くいる街中では猿なんてほとんど見なかったため猿のことなんて忘れていた頃、そいつは急に目の前に現れました。

宿の入り口直前で

僕がバラナシで泊まっていたゲストハウスは高い塀で囲まれており、入り口の門に向かって歩いている途中でした。
ふとすぐ近くの塀の上を見上げると、なんとそこには猿が一匹座っていて、しかも丁度こっちを見ていました。

まずい!!

と思いすぐ目を離したのですが、猿は全く動かず僕の方をじっと見ています。

その猿の横を通り過ぎなければ宿に帰ることはできないので、恐る恐る通ることに。
どうやらそれほど攻撃的な猿ではなかったようで、襲われずに済みました

すぐ近くにいた猿だったので、本当に死ぬかと思った出来事でした。

バラナシでは猿に注意!

バラナシでは牛、猿、馬、犬、ヤギなど野生動物が数多く生息しています。

その中でも特に猿には注意してください。荷物を取られたりするだけならともかく、

噛まれたり、引っかかれたりすると狂犬病にかかる危険性があります。

狂犬病のワクチンは5~6回に分けて投与しなくてはならず、その分費用もかかるし、旅が台無しになります。

もし、猿に遭遇してしまったら、焦らず、あわてず、猿を興奮させることなくさりげなく去ることが大切だと言われています。

インドでの旅を楽しむためにも、そのあたりを心に留めておきましょう。

スポンサーリンク

旅の記録

Posted by Kei